DIYアドバイザーのインテリ部屋

ホームセンターで働くDIYアドバイザーが、DIYやインテリア、生活に役立つライフハックをまとめています

ガチ初心者の原付オイル交換日記。パノリン社の高価なバイクオイル入れて効果を検証!DIO110とVTR250二台まとめてやってみた

DIO110を新車で購入して5年。乗れればなんでもいいので愛のかけらもないノーメンテナンス。
毎朝エンジンかけて即フルスロットル、家と職場をつなぐためだけの通勤快速車です。

 

バイク大好きな友人とバイクの話が出て、オイルを変えると早くなるらしい、というオカルトまがいの話を聞き、じゃあ実験してみよう!ということで、パノリンのバイクオイルに自力で交換してみました!

 

ネットで交換の仕方はチェックしてても、実際にやってみると思わぬところでわからないこと沢山でてきたり、2台同時にやることでいろいろ気付きがあったので、交換方法をまとめました。

 

ネットでは15分でサクッとできるとか書いてるけど、1時間かかった…!!

まるで簡単かのようなまとめサイトだらけだけどめっちゃ疲れました。

 

あと絶対工具は間に合わせじゃなくてちゃんとしたモノ揃えるべき!最悪途中で買いに行く羽目になります!

 


0・必要なものの買い出し

  • オイル
  • 廃油処理箱
  • 17㎜のメガネレンチ
  • オイル入れるじょうご的な物
  • パーツクリーナー
  • ウエス(ぞうきん)
  • 使い捨て手袋(ニトリルやゴム製)

2りんかんにて必要な物を買いそろえます。VTR250も一緒にオイル交換します。

 

f:id:akinohome:20170516023234j:plain

沢山ありすぎてわかりません…パノリンのオイルがこちら

 

f:id:akinohome:20170516022934j:plain

PANOLINの4ストスクーター用オイルを購入
純正のより倍ぐらいの値段しました。

 

まずはDIO110から。

1・暖気する

まずは家の周りを軽く一周走ります。エンジンオイルが暖まり抜けやすくなるそうです

2・オイルを抜く

車体右側から真下をのぞくと、オイルドレンボルトがあります。
廃油処理箱を下に置きますが、DIOはスタンド立てても高さがないので処理箱が当たってレンチ入れて作業しづらい…

f:id:akinohome:20170518011739j:plain

この時廃油処理箱の下にウエスなど引いといたほうがいいです。

慣れてないと高さがないから処理箱に手が当たったりして動き、オイルが床にこぼれるので。

 

あとオイル、暖気で走った直後やと熱くて手につくとヤケドするので注意。

下向きなので、ネジ外れると勢いよく落ちてくるからすぐ手をよけて下さい。

 

このネジを外すのに、メガネレンチ使えば一瞬で済むはずなのに、普通のスパナでやったから固すぎてびくともせず、10分ぐらい無駄にしました。やっぱ工具は大事です。

あまりに回らないからネジのスキマにCRE556かけてなんとか回りました。

 

出てきたオイルがこちら

f:id:akinohome:20170518013249j:plain

これはひどい。

 

週5で片道3キロを8ヵ月間ですが、毎日エンジン入れて暖気なしでフルスロットルで回すシビアコンディションだとこうなります。

今回はついでにこのネジも外して、中のスプリングと茶こしみたいなやつにパーツクリーナー吹きかけて掃除しました。

f:id:akinohome:20170518014323j:plain

あまり汚れてなかったし正直やらなくてもよかったかも。

車体を左右に揺らして完全に抜けきったらネジしめます。

f:id:akinohome:20170518014823j:plain

3・手でオイルレベルゲージキャップ(下の写真)をあけ、オイル入れます。

f:id:akinohome:20170518014941j:plain

先に車種のオイル量をネットなりで調べておいて、最初5~600ccぐらい入れてから少しづつ足していきます。

オイルのレベルゲージの先に2つの×印があるので、ねじ込まない状態で上限と下限の間になるようにすこしづつ足していきます。

これを入れすぎるとまずいので、最初の工程に戻ってオイルドレンボルト外してオイル抜いてやり直しです。めんどくさい。

4・キャップをしめ、エンジンをかけ約3分ほど暖気し、エンジンをとめて約3分ほどしたら再度レベルゲージでオイルの量を見ます。

減ってたら足してください。

終了!

 

すべてのネジ回すのに普通のレンチで回しづらくかなり時間がかかり、それぞれのネジをパーツクリーナーできれいにしてふきっとったり、オイル完全に抜くために車体揺らすのに時間かけたりしたせいで1時間かかりなかなかしんどかった。

正直ここまで細かいところに時間かけなくてもよかった気がしますね。

 

同じようにVTR250もやっていきます。手順は一緒。

f:id:akinohome:20170518021121j:plain

原付よりも下のスペースがあるので作業しやすかった。

f:id:akinohome:20170518021143j:plain

廃油ドバドバ… 色がDIO110ほどひどくはないですね。

 

VTR250はこんな窓がついてるのでオイル量を外から見れます。

f:id:akinohome:20170518021523j:plain

そんな感じでVTR250の方はすぐ完了!さっそく走りにいきます。

 

PANOLIN・パノリン社のオイルの感想

走ってみると、僕のDIO110も友人のVTR250も、明らかにアイドリングが安定しました!信号待ちのトコトコ音が安定しつつ音も少し静かになりましたね。

 

あとは発進時の加速がすごく軽くなりました。

なんというかパワーアップというよりは、フワッと加速してくれるかのような感じです。

別に最高速が上がるとかもちろんないですが、スタートからスピードある程度でるまでの加速は非常に良くなりました。

純正オイルより倍の値段しただけありました。

 

日曜の昼から買い出し行って外でバイクいじってると、充実した休日を過ごしている気分に浸れてすごく楽しかったので、

バイク屋で交換してもらってもいいんですが

この感覚は替えがたいものがあるので、次も自分で交換します。

 

 

そんな感じで交換日記でした。