DIYアドバイザーのインテリ部屋

ホームセンターで働くDIYアドバイザーが、DIYやインテリア、生活に役立つライフハックをまとめています

【コスパ最高・3000円以下】給水が楽で安い加湿器!一人暮らし向けスチーム式加湿器、アイリスSHM-120D-Gのレビュー記事

f:id:akinohome:20171219034429j:plain

アイリスオーヤマのスチーム式(=加熱式)加湿器を購入したのでレビュー記事です。

加湿器を選ぶ際に、どんな加湿器がいいのか、どんな種類、加湿方式の違いがあるのかを調べたところ、

「めんどくさがりでもラクに使える、安くて、しっかり加湿できるもの」

で行き着いたのがこの加湿器でした。

 

加湿方法や各メーカーの加湿器を検討したところ、スチーム式(加熱式)加湿器のアイリスSHM-260D-G、同じシリーズのSHM-120D-Gが最高だったのでレビューします。

 

f:id:akinohome:20171219034316j:plain

一人暮らしに最もおすすめ!コスパ最高アイリスSHM-120D-Gスチーム加湿器

色んな加湿器がありますが、一人暮らしの6畳ワンルームに最高です。

  • 給水とお手入れが楽
  • おしゃれ
  • 価格が安い、2260円(2017年12月現在)
  • スチーム式なので清潔、加湿力が抜群
  • ある程度音が静か

というところがお気に入りです。一つずつ見ていきましょう。

 

ズボラな人は給水が楽なスチーム式加湿器を選ぼう

めんどくさがりな人が一番気になるのは給水とお手入れが楽かどうかじゃないでしょうか。

こちらをみてください。 

f:id:akinohome:20171219034303j:plain

 

まずタンクを持ち上げて

 

 

f:id:akinohome:20171219035001j:plain

 

裏のネジを回し

 

f:id:akinohome:20171219034258j:plain

 

水をそそぐだけ!

 

簡単です。

なにが楽かって、ほかの加湿器ではタンクが内蔵されてたりすると、

カバーや蒸気口とかを外して中からタンクを取り出して…とかひと手間あるんですよね。

アイリスSHM-120Dシリーズはタンクが外にあるのでサッと持ち上げるだけ

 

加湿器あるあるの給水時に周りに水が飛び散る問題も、数滴落ちてくるのに気を付けてサッと底面の給水口を上に向ければ、ボタボタ垂れたりもしません!

 

あと、中の水量がしっかり見えるのは最高です好きなタイミングで継ぎ足せます。

タンクが見えないタイプだと、給水ランプが光ったりしますが、ズボラな人は「また後で入れよう…」で気付けば加湿が止まってる…ことになりがちです(笑)

 

お手入れはクエン酸を流して軽く拭くだけ

超音波式では毎日水の入れ替え推奨だったり、
気化式ではフィルター洗ったりしないとダメですが、
ズボラな人は結局サボりますよね?笑

 

このアイリスSHM-120Dシリーズは簡単に分解…というか持ち上げるだけです。

 

f:id:akinohome:20171219034134j:plain

 

ここを持ち上げて、

 

f:id:akinohome:20171219034131j:plain

 

この下に加熱する部分があるので、このあたりを拭いてあげれば終わりです。

 

クエン酸ナシでも、キッチンペーパーで拭くだけでとりあえず充分きれいになりました。(ズボラすぎる)

たまにクエン酸をうすめたぬるま湯を流して少し放置し、拭きあげて下さい。

ちなみに、クエン酸は掃除用品コーナーに売ってます。

クエン酸は弱酸性なので、水道水に含まれるカルキによる水垢(アルカリ性の汚れ)を中和して落としてくれます。

同じく掃除用品コーナーには重曹も売ってますが、重曹はアルカリ性なので加湿器などの水垢の汚れ落としには向いてません。

 

アイリスSHM-120Dシリーズはグリーンがおしゃれ

アイリスSHM-120DまたはSHM-260Dシリーズは4色展開です。

 

完全に好みの問題ですが、とても透明感ある良いグリーンです。

ブルーも透明感たっぷりで良い色してますが、
加湿器を使うのは冬なので部屋に寒色を入れたくないなぁ、と思いグリーンにしました。

 

f:id:akinohome:20171219034306j:plain

女性ならピンクがかわいいのでおすすめです。

無色のクリアもありますが、ちょい無機質かも?まぁお好きにどうぞ。

SHM-120D(タンク1L)はSHM-260D(タンク1.9L)より一回り小さく、まさに卓上やテレビ台とかに置くとおしゃれですね。

 

スチーム式加湿器の中でトップクラスの安さ、2260円(編集時)

基本的にスチーム式加湿器は5千円~1万円ぐらいのものが多い中で

SHM-120D(タンク1L)はなんと2260円(2017年12月現在・amazon)

SHM-260D(タンク1.9L)も2780円(2017年12月現在・amazon)

 (この記事を書いている時点での価格なので変動することがあります)

 

近い価格で他メーカー品を見つけましたが、細かい点をみると、僅差でアイリスSHM-120Dがスペック高いですし、何より見た目のオシャレさが上です(笑)

 

同じスチーム式加湿器で他のメーカーでは、例えば象印のポット形状の加湿器は1万~1万数千円もします。 

価格面だけでなくサイズや用途的にも、気軽に買えない感じのものが多いですね。洋室10畳用とか300~400Wも使うやつとか。

ていうか見た目はただの電気ポット。。。笑

 

その点アイリスSHM-120Dシリーズなら卓上サイズでワンルームにちょうどいい加湿力、失敗してもいいかと思える範囲の価格。気軽に買えますね。

 

衛生的

下の加湿方式の違いに書きますが、例えば超音波式なら

水を入れ替えないと常温放置されて悪くなった数日前の水をそのまま空気中に放ち、

吸い込んでいるということになります。

冬でも室内は外のように0℃までいきませんから水は劣化しやすく、

加湿器タンク内は雑菌が繁殖しやすい状態です。

その水をそのまま吸い込むことは、風邪対策の真逆をいきますよね。

 

その点沸騰させて蒸発させるので煮沸消毒しているのと同じで、非常に衛生的です。

 

特に小さいお子さんがいるなら、一番衛生的で良いです。

 

音が静か

エアコンと同じか少しだけ大きいかな、ぐらいの音量です。

お湯をぐつぐつ沸かしている時の音をかなり小さくしたような感じ。

さすがに超音波式のほぼ無音まではいきませんが、

かなり静かな環境じゃないと寝れない僕でも、静かな6畳の部屋でつけっぱなしで寝てて気になりません。

 

レビューまとめ

  • 気軽に買える価格
  • 加熱式だから衛生的
  • ズボラな人は嬉しい給水のラクさ
  • 水の残量がはっきり見える
  • 小型なのに加湿力がある
  • テーブルやテレビ台に置ける可愛い見た目

一人暮らしや寝室用、2台目に最適な加湿器、買ってよかったです。

 

 

 

別記事で加湿器の掃除方法についてもまとめましたのでよろしければご覧ください。それでは。